通常オリジナルTシャツ作成では、お客様から頂いたデザインをもとにシルクスクリーン版を作成してTシャツへインクを刷るのですが、ユニフォームクローゼットでは、それに加え弊社が予め作成したシルクスクリーン版をみんなでシェアしましょう。という企画のサービス運営も行っているのです。

シルクスクリーンプリントとは

さて、そのようなサービスに使用するシルクスクリーンプリントについて少しご説明させて頂こうと思います。

シルクスクリーンプリントは、このような枠を使用して、インクを直接Tシャツに刷りつける技法なのですが、そもそもの語源や製版についての細かな説明は、内容がとても専門的で長くなってしまいますので、こちらでは省かせて頂きますが、インクを直接刷るので仕上がりもしっかりインクがのった風合いでかっこいいので好んでプリントされ方も多くいらっしゃいます。

まず、シルクスクリーンプリントの流れとしては無地のTシャツをしっかりと固定を致します。

そしてTシャツにプリントする為の版をプリントの位置に合うようにしっかり調整していきます。

予め用意していたインクを使用します。
(※ユニフォームクローゼットでは、水性のインクを使用するのですが、基本バインダーとよばれる白色や透明などのベースとなる液体に色を混ぜてプリント色を調合しているのですが、デザインに合わせて予め準備しておきます。)

準備が整いましたら、版にインクを載せて準備完了です。

あとはスキージと呼ばれる道具を使ってインクをTシャツ本体に刷りつけます。
版で焼いたデザイン部分のみにインクが落ちてTシャツ本体に定着するという流れがシルクスクリーンプリントです。

特長

以上、簡単にシルクスクリーンプリントについて解説を致しましたが、雰囲気は理解していただけたと思いますが、特長について付け加えておきます。
メリットとして、Tシャツに対してインクを何度でも刷りつける事ができるのでしっかりボディにインクがのった自然な風合いで仕上げる事が可能です。逆にうすめにしたり風合いを調節できるのがシルクプリントのいいところなのです、
また、一度準備してしまえば流れ作業でプリントしていけるので数量が多い場合には1枚あたりのコストも下げることが可能なのです。その反面としてデメリット準備に時間がかかる為少ない枚数だけTシャツ作成を刷る際は、コストが高くなってしまいます。

機械ではなく人の手で一枚一枚プリントしていますので熟練したスキルが必要となり、見よう見まねでプリントするのとは仕上がり具合が大きく変わってきます。
弊社では熟練した職人の手で1枚1枚丁寧にプリントを仕上げています。

シルクスクリーン版シェア

当記事の冒頭で紹介しました。「予め作成したシルクスクリーン版をみんなでシェアしましょう」という企画のデザイン一覧を下記リンクしておきます。
弊社が販売している無地のウェアに好きなデザインを一緒に購入頂きましたらウェアにプリントしてお届けさせて頂きます。

最後に

当記事で使用致しましたシルクスクリーンプリントの画像ですが、非常に説明するのに使いやすかったので無料写真素材はフリー素材のぱくたそ様のフリー素材を利用させて頂きました。
非常に綺麗な写真でシルクスクリーンプリントの説明がしやすく便利に使わせて頂きました。
この場をかりてお礼申し上げます「ありがとうございます」m(_ _)m。

ページの上へ戻る